【練習ファイル付き】初学者が慣れると得するショートカットを使ってIllustratorの機能を練習してみよう!

こんにちは!だいちです。
今回は、Illustrator初学者の
「イラレって何が出来るの…?」に
お答えするとともに

実際にファイルを使って
皆さんに練習してもらえる
ファイルを作ったので
実践してみましょう!

Illustratorが得意なこと


Illustrator

Illustratorは基本的にパスを使って
座標を決めてその間を描画する
ベクター形式でデータを作ります。

すごーく簡単に言うと
点をつ繋げて絵と描く!です。



このベクターデータの良いところは
絵に見えるけど、実は数値で出来ていて
ものすごーく柔軟性が高い点。

例えば、jpgなどの画像データは
拡大縮小を繰り返すと劣化してしまいますが
ベクターデータはどれだけ拡大縮小しても
縁がボヤけたりすることはありません。

なので、とっても大きな印刷物や
企業ロゴ、フラットデザインのサイトパーツなど
サイズ変更する可能性の高いお仕事の時などは
Illustratorで作るとスムーズだったりします。


ただ、その逆で
綺麗なグラデーションや陰影を表現したり
美麗系のイラストなどを扱うのには
あまり向いてないです。

Illustratorの大まかな機能


機能はめちゃめちゃ沢山あるのですが
全部覚える必要はありません。
自分が作りたいものを作るために
必要な機能さえ知っていればOKです。

また、「なんかこんなこと出来ないかな?」
と思って調べたら大概やり方を
書いてくれている人がいます笑。

それでも、まず何から触れば良いのか
分からない人もいると思うので
基本的な機能をざっくりとですが
図でまとめたのでご紹介しようと思います。

Illustratorで作業する際に
覚えるまでは、こんな事出来るんだった!
と思い出せるような資料になればと!

ペンツール・図形ツール
文字ツール・ブレンドツール・アピアランスの分割・パスファインダなど
クリッピングマスク・複合パス・整列


僕は、これを見るだけも
色々出来そうで想像力が刺激されます笑。

慣れると便利なショートカット




一回一回ツールをボタンで入れ替えていると
ムズムズと焦ったいタイミングがいつか来ます。

頭では早く作りたいのに
手がそのスピードに追いつかなくなってくるんです。

そうなる前に、できれば最初から
キーボードを使ったショートカットを
使いながら覚えてしまうのが良いと僕は思います。

ボタンの横にもショートカットキーは
書いてくれているのですが
そもそもそのボタンを見失う事もあるので
表として、見やすいところに置いておくと良いです。

この記事を読んでいる方には
簡単ですが、僕の作った
Aiショートカット早見表をプレゼントするので
是非活用してみてください(^^)

ショートカット

実際に練習してみよう




それでは、実際に手を動かして
イラストレーターに慣れてみましょう!
いくつかの図形のサンプルをまとめた
画像を作ったので、これをIllustratorに取り込んで
上からなぞって同じ形を作ってみましょう。

もしかしたら、なぞるよりも簡単に
作れる方法があるかもしれません。

具体的な方法は、あえてこの記事では触れませんので
資料を見ながら挑戦してみてください(^^)
(でもサロン内でいつでも聞いて構いませんよ!)

それでは!

練習用シート

今回の資料をまとめた
PDFをダウンロードしたい人はこちら↓

tabu

だいち

モモンガオンラインサロン のサイト運営 / 記事編集/投稿/その他デザインなどやってます!■Twitter/ https://twitter.com/designworksinc1 ■note / https://note.com/designworks_note

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です